LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは、管理人のKn0wsです。

年度末になり、大学生として新しい生活を歩みだす方は沢山いらっしゃると思います。

さて、そんなワクワクの大学生活ですが、現代ほとんどの大学の生協でパソコンが販売されています。

しかし、そのパソコン、高すぎませんか?本当にそれを買ってもよいのでしょうか?

今回は、現役大学生100人にアンケートを行い、その結果を踏まえながら解説させていただきます。

㊟全国の大学・学年などを匿名で集めたアンケートです。価格と性能はそれぞれ変わります。

スポンサーリンク




その1. 『値段が高すぎる』

現役大学生100人のアンケートで、『生協のパソコンはいくらでしたか?』と質問したところ、以下のようなランキングになりました。

この結果から、ほとんどの大学生が15万円以上のパソコンを購入していることが分かりました。

よく分からない方は『何でもいいしとりあえず買っとくか!』くらいの気持ちで買うと思いますが、実はこれ、めちゃくちゃ損なのです。後ほど記述しますが、15万円以上のノートパソコンは、僕のようなパソコンオタクでも『高級品』レベルの値段です。

しかし、生協で売られているパソコンと同等の性能を持つノートパソコンは、相場価格で7~8万円です。これ、損ですよね。

なぜそんなに高く設定しているかというと、『分からない人は買う』ということと、『ブランド』、そして『利益を得るため』です。

今現在説明しているように、パソコンの知識が無い方を餌としているのです。

さらに『ブランド』。『国内メーカーです!』『みんな知ってる、CMでも見るあのメーカー!だから安心!』という『ブランド』を付けて、安心感を与えています。しかし、パソコンは国内メーカーでも作られているところは中国だったり、ベトナムだったりします。さらに、ノートパソコンの部品は全てそのメーカーオリジナルではなく、『集めて組み立てる』ので、そのパーツによりどこ産か変わります。それで、半額以上も値段が変わるのは嫌ですよね。

そして、『利益を得ること』。ほとんどの生協は大手のメーカーに大量注文して仕入れています。しかし、そのまま販売しては利益が無い。だから、『高く売る』のです。

その2. 『性能が低い』

大学の生協のノートパソコンの特徴は、その『性能の低さ』。アンケートにて、『パソコンのメーカ名と型番を教えてください。』という質問の結果から大よそどれくらいの性能かをまとめたところ、以下のようになりました。

お気づきになりましたでしょうか。大学の生協によっては価格が違うのに、性能がほぼ同じという点です。

HDD容量が500GBでも1TBでも、性能は変わりません。保存できる容量が増えるだけですが、500GBをフルに使うには音楽を5000曲と、30分の動画を50個以上(画質による)保存しないと使い切ることはありません。

メモリ4GBは、現在リリースされているソフトを問題なく、複数起動させることができる最低ラインです。さらに、パソコンの処理を行う脳の部分であるCPUはどれも年代が違うだけで性能はほぼ同じ

確かに問題なく使えはしますが、今の時代このスペックのパソコンは7万円ほどで購入できます。

それに15万円以上出すのは、納得いきますでしょうか。

その3. 『保証の意味がない』

生協でよくあるのが、『在学中であればPCが破損しても無料、または〇万円で交換します。』ということや、『〇〇円追加で〇年間保証』ということです。

しかし、パソコンで一番大事なのは『データ』です。結局本体が壊れれば、データも消えます。本体はしっかりケースに入れて、変なところに置かず、大事に扱っていれば壊さずに何年でも使えます。

現在では、ほとんどのメーカーがネット上でも同じような保証を低価格で提供しています。

例えば、パソコンで15万円、保証加入で3万円、合計18万円と、パソコン8万円、保証加入2万円で合計10万円。どちらが良いでしょうか。

もし壊れてしまったとしても、7万円であれば本体ごと買い替えても安く済みます。

結局保証などでもお金がとられるのであれば、最初から安いパソコンを自分で買った方が良いですよね。

大学生におすすめのノートパソコン

さて、これを見てノートパソコンを自分で買いたい。でも何が良いのか分からない。という方のために、おすすめのノートパソコンを紹介します。

参考程度にご覧ください。

基本的に家に置きっぱなしの方には、『DELL Inspiron 15 3000

基本的に家に置きっぱなしの方は、15.6インチのパソコンがおすすめです。その中でも、このパソコンは7万円で、フルHD解像度なので高画質で動画を見ることでき、SSD256GBなのでPC起動時間5~10秒、ソフト起動時間も高速です。据え置き型で低価格PCを探している方にオススメです。

パソコンはやっぱり持ち運び!という方には『DELL Inspiron 13 7000

格安PCと言えばDELLなので、DELL続きですが、持ち運びをする方は13インチのPCがおすすめです。軽量で取り回しがしやすく設計されています。

こちらのPCは、画像にもある通り、タブレットPCにもなるので、動画を見る時に畳んでみることができるのでおすすめです。解像度もフルHD、メモリは8GBなので、多少重い作業も難なくこなします。10万円台では中々ない値段です。

やっぱりPCも見た目が大事!可愛らしいデザインが良い!というワガママ女子大生には『DELL Inspiron 14 7000 ピンクシルバー

またまたDELLです。見た目も可愛くいきたい女子大生には、このPCのこの色がおすすめです。

性能は上記二つと同じですが、サイズが14インチなので、女性の方でも持ち運びはしやすく取り回しがしやすいと思います。持ち運びも据え置きもできるサイズなので、使い方を選ばないため人気です。

俺、ビジネス始めっから。株やFXなどをやりたい一足早めのビジネスマンな方には『HP Spectre 13-v108TU

こちらのゴージャスな見た目のPCは、ビジネスマンの方にぜひ使ってほしいPCです。お値段は多少張りますが、生協のものと比べると、その性能は倍以上。

株やFXでは、ネット回線速さとPCの処理速度が重要になってきますので、11ac(5GHz帯)の高速WiFi通信に対応し、メモリは8GB、CPUの性能はトップレベルという、正直これがあれば、株やFXだけでなく大体のことはできてしまうほどの性能です。

重さも1.11kgとかなり軽量なので、持ち運びながら常にレートを見たい場合にも疲れを感じにくくなっています。ビジネスマンだけでなく、プログラミングを学びたい方にもおすすめです。

オンラインゲームがやりたい!でも、たまに持ち運びがしたい!というゲーマーな方には『DELL Inspiron 7000 ゲーミング

またまたDELLです。DELL万能なんです。

オンラインゲームやハイクオリティなPCゲームをする場合、相当のスペックが要求されます。その中でも手が出しやすく、人気の高いゲーミングノートパソコンがこちら。

グラフィック処理にはGeForce GTX1050Ti を搭載し、クアッドコアのCPUを搭載したこちらのPCなら、ゲームをする方には最適です。プロを目指す方にはデスクトップPCの方がよいですが、予算少な目だけどやりたい!という方にはお勧めです。

いかがでしょうか。ワクワクの大学生活、少しでも損な気持ちは持ちたくないですよね。

みなさんの新生活が、少しでも明るくなれれば幸いです。


スポンサーリンク