LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは、管理人のKn0wsです。

僕は最近、YouTubeを見ながら作業をしているのですが、公式YouTubeアプリの場合は広告が表示されたり、出先で大好きなYouTuberの方の動画を見たくても、通信制限を気にしてあまり外では控えてしまう、という状況です。

他のサードパーティ製アプリを使えばと思いましたが、どうしても好きになれない。出来れば公式で、、、と思っている方は僕だけじゃないはずです。

そこで今回は、公式YouTubeアプリにダウンロード・広告ブロック機能を付ける方法を紹介します。

スポンサーリンク




概要

さて、やり方はいたって簡単ですが、まずどのようなことを行っているかを説明します。

今回の手法は、Sideloadという、『既存のアプリを改変してデバイスに直接インストールする』手法で、最近の脱獄界隈ではものすごくメジャーです。

これは、通常脱獄Tweakを使用する場合はdylibというバイナリファイルを呼び出して、アプリに拡張機能を付けているのですが、SideloadはIPAファイルにdylibを入れて、脱獄せずとも拡張機能を付けることができるようになります。

これにより、例えばTwitterの広告を削除した公式Twitterアプリになったり、LINEの既読機能を無効化させるLINEアプリになったりします。(現時点ではまだリリースされていません)

また。通常のOTAインストールなどではなく、企業用証明書を自分のAppleIDで署名するため、脱獄不要あるあるの『再起動したらアプリが起動しなくなった』もなくなります。

ただし、これは誰でも簡単にできてしまう代わりに、悪意のある開発者の手にかかると、登録した情報を抜き取られる可能性がありますので、何でも不用意にインストールすることは避けましょう。

今回は、そのようなことがない開発者様のIPAファイルを使用しますので、問題ありません。

必要なもの

 

以上です。

Cydia Impactorは、自分のOSにあったものをダウンロード→解凍しておいてください。

手順

まず、iPhoneをPCに接続し、ダウンロードしたCydia Impactorの『Impactor.exe』を起動します。

先ほどダウンロードしたIPAファイルを、起動中のCydia Impactorにドラッグアンドドロップします。

Apple IDとパスワードを求められますので、入力していきます。

すると、作業が進行していきますので、終わるまで待ちます。

CydiaImpactorのバージョンによっては途中、『GeneratingApplicationMap』から進まないことがあります。1分以上待っても進まないようでしたら、そのまま終了しても問題ありません。

終わりましたら、YouTubeアプリが追加されていますので起動します。

ダウンロードしたい動画横の:をタップします。

Add to Downloadsをタップし、ダウンロードするクオリティを選択します。

ダウンロードした動画は右下タブの『Downloads』に追加されています。

いかがでしょうか。

少し手間はかかりますが、とても便利ですね。


スポンサーリンク