LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは、管理人のチヒロです。

みなさんはTwitterアカウントに『』をかけていますか?

ご存じの通りTwitterには、『』というものをかけて『非公開アカウント』として承認したユーザーのみ、そのアカウントを見ることができます。

しかし、その非公開アカウント、本当にツイートは表示されていないでしょうか。

第3者に見られているのではないでしょうか?

実は、アカウントによっては鍵をかけていても、過去のツイートを見れてしまうことがあるのです。

そのサイトが『Tweez』です。

スポンサーリンク




『Tweez』とは

Tweezは、Tweetをブログ形式に表示し、アーカイブの統計を見ることができる便利なサービスで、Twitterアカウントと連携することで、いつツイッターを始めて、何文字投稿したかなどを細かく確認できるWebサービスです。

Twitterでのマーケティングや集計などにとても便利なサービスで、全く悪意のあるサービスではありません。

しかし、このサービスはTwitterの統計を行うために、『アカウントの解析』を行っています。

これにより、もし途中からTweezに登録しても、登録前の結果を見ることができます。

しかし、この機能が鍵アカウントの過去のツイートを取得しているのです。

確認方法

Tweezへアクセスし、自分のTwitter IDを入力するだけです。

ここで疑問です。実際に表示された方と表示されなかった方がいます。

その理由は、『対象アカウント』があるからです。

㊟『削除方法』は後述しますのでご安心ください。

対象アカウント

Tweezの表示の対象となるのは、以下のユーザーです。

  • アカウント作成時に非公開設定をせず、途中から非公開設定をしたアカウント
  • 現在も非公開設定をしていないアカウント

この二つです。おそらく該当する方もいらっしゃると思います。

これにより、アカウント作成 -> Tweezが解析 -> 表示される という流れが出来上がります。

尚、『途中から非公開設定を解除』しても、Tweezには表示されませんのでご安心ください。

では、実際に削除方法を紹介します。今回は僕自身のアカウントで試してみました。

削除方法

先ほどの『確認方法』から自分の結果画面にて、下記画像のようなダイアログ表示の『削除』をクリックします。

すると、『削除フォーム』へ移動しますので、『以下のcodeを入力してください。』の部分に、表示されているコードをそのまま入力します。ボットによるセキュリティ対策のためですね。

入力したら、対象のユーザーIDを入力し、『Delete』をクリックします。

完了したら、『ブラウザを再読み込み』して、もう一度確認方法と同じように、対象のTwitterアカウントを入力してみましょう。

以下の画像のようになっていれば完了です。

これにより自分の今までのツイートが削除されることはもちろんありませんのでご安心ください。

このサービスは本当に便利なので、集計結果を知りたい方にはぜひ利用してほしいのですが、必要なければ削除してしまいましょう。

おまけ

このサービスのように、『アプリケーション連携』を必要とするサービスがあるのですが、中には悪意のあるサービスもあるのです。

それこそ、止むことのない『Twitterが乗っ取られた!』ということです。

おそらく誰しもが一度は目にしたことのあるワードですね。

これは『乗っ取られた』のではなく、『自分から罠にはまりに行った』と言えるのです。

アプリ連携は、『Twitterアカウントへのアクセス権を要求する』ため、悪意のあるサービスへ登録してしまうと勝手にツイートされたり、知らないアカウントを勝手にフォローしていたり、ということが起こります。

アプリ連携を行う際は、上記画像のように表示される『このアプリケーションは次のことができます』と『次のことはできません』をしっかりと確認しましょう。

安全なサービスは上記画像のようになるのですが、悪意のあるサービスでは『このアプリケーションは次のことができます』の項目に『次のことはできません』の項目が入っています。

これに同意するということは、『勝手にツイートしたりフォローしたりするけどいいよね?』と言われていながら『いいよ』ということと同じです。

Twitterを使うサービスを利用する際は、必ず確認して利用するようにしましょう。

アプリ連携の解除方法

iPhone/Androidから解除

Webブラウザにて、Twitterアクセスし、ログインします。

ログインしたら、自分のアイコンをタップします。

『設定とプライバシー』をタップします。

『アプリケーション』をタップします。

『アクセス権を取り消す』をタップします。

以上で完了です。最近になってスマホからの連携解除ができるようになりましたので、とてもありがたいですね。

PC/タブレットから解除

Twitterにアクセスし、ログイン -> アイコンをクリックして『設定とプライバシー』をクリックします。

左サイドバーの『アプリ連携』をクリックします。

該当の連携アプリケーションの『許可を取り消す』をクリックで完了です。

『過去のツイートを見られるのは困る!』という方や、『アカウントが乗っ取られた!』という方にはぜひ一度読んでほしい記事になりました。

アプリ連携してはツイートされ、出戻り… 原因が分からずにまた連携してしまい、出戻り…という方が非常に多く存在し、さすがに何度も同じ端末から短期間で新規登録をしていると、Twitter側からIPブロックをかけられてしまい、その端末では新規作成ができなくなる場合も稀にあります

もし悪意のあるサービスと連携してしまった場合は、速やかに連携を解除 -> パスワードの変更を行いましょう。

今も悪意のあるサービスは増え続けていますので、十分に気を付けて利用しましょう。

この内容をさらに多くの方に知っていただきたいので、もしこの記事が気に入っていただけたらシェアをよろしくお願い致します。


スポンサーリンク