LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは、管理人のKn0wsです。

iPhone脱獄後、誰もが一度は経験するであろう緊急事態。

例えば、Cydiaが消えてしまったり重要なファイルを消してしまい、画面がおかしくなったり…そんな経験をしてしまえば、脱獄は怖い!という概念が植えつけられてしまいます。

かく言う僕も、何度も緊急事態に遭遇してきました。

そこで今回は、いざという時に役立つ、入れておいて損はないTweak達を紹介します。

緊急事態に使えるTweakたち

スポンサーリンク




iFile & Filza File Manager

こちらはアプリにはなりますが、例えば重要なファイルを消してしまった!Cydiaを消してしまった!という時にはこのアプリにてdebファイルからインストールすれば解決です。

他にも、脱獄を行う上で欠かせない機能を搭載しているのも事実ですので、入れておいて損はないでしょう。

OpenSSH

こちらもど定番。SSH接続(PCや他デバイスから遠隔で接続が可能になる)ができるようになるコンソールパッケージです。

これにより、アプリの起動やホーム画面がブラックアウト状態になったとしても、遠隔で操作出来るのでいざという時にはモッテコイです。

なお、使用にはコマンドがいじれる必要があるため、初心者向けではありませんが、インストールしておいて損はありません。

インストール後はセキュリティのため、本体のuserとrootのパスワード(初期はalpine)を変更しておきましょう。

Apple File Conduit “2”

こちらはiFunboxなどのPCソフトからiPhoneの内部ファイルにアクセスできるようにするTweakで、いわばPC版iFile接続用Tweakです。

これがあれば、PCとiPhoneを接続して内部のファイルを変更することができます。

しかし、難点としてはiFunboxなどのPC側のソフトがiOSバージョンに対応している必要があります。

対応していない場合は使い物になりませんが、運良く対応バージョンがリリースされた場合には使えますのでもしものためにインストールしておくとよいでしょう。

iOS Terminal & White Terminal

こちらはターミナルアプリで、iOSのコマンド操作を可能にするアプリです。

OpenSSH同様、コマンド操作が必要ですが、PCや他デバイスが必要ないため、いざという時には必ず使うことになるでしょう。

このアプリから内部パスワードの変更も可能ですので、必ず入れておきましょう。

App Admin

こちらはTweakのダウングレードが可能なTweakです。

例えば、Tweakをインストールしたらクラッシュしまくる!そんな時にこれをインストールしておけば、前バージョンに簡単に戻すことが出来ます。

脱獄Tweakは環境依存が激しいこともあり、こちらはかなり汎用性が高いので、入れておいて損はありません。

Safemode Command

こちらは僕のリポジトリに置いてあるものになりますが、ターミナルアプリ及びOpenSSHなどからコマンドでSafemodeと打ち込むだけでセーフモードに移行することができます。

Cydiaが起動しなくなったり、アプリのクラッシュや挙動がおかしくなった場合はこちらをインストールしておけば、意図的にセーフモードに移行できます。

セーフモードに入ることで、インストールしているTweakの動作を全て無効にし、脱獄維持に必要な部分のみを動作させているため、緊急時の原因を探るきっかけにもなります。

いかがでしたでしょうか。

他にもたくさん緊急時に入れておくと便利なTweakはたくさんあります。

Cydia Impactorなどもその内の一つですが、現状ではiOS 9に未対応のため、対応し次第、という形になります。

困った!という時は上記のTweakをインストールしておけば、僕としても相談に乗りやすいですし他の方に直してもらう際にも順調に事が運ぶこともありますので、ぜひインストールしておきましょう。

なお、インストールすることで動きが遅くなったりすることは「現実にドラえもんが現れて未来の花嫁を教えてくれる」くらいありませんのでご安心ください。


スポンサーリンク