LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは、管理人のKn0wsです。

今秋にリリースを控えたiOS 10は、iOS 9と比べ更にユーザビリティに特化したOSになるとのことで、毎年恒例の大型アップデートです。

開発者の方やチャレンジ精神の旺盛な方は、リリースまで待てないと思います。僕もその一人です。

今回はiOS 10 beta 1をデベロッパー登録無しでインストールする方法を紹介します。

通常ベータ版をインストールするには年間9800円のApple Developer Programに登録しなければなりません。

一応、毎度恒例のリリース1週間〜2週間前にはGM版というデベロッパーではない方でも利用できる最終試験的な意味を持ったバージョンが公開されますが、それを待つなら正式リリースを待った方が比較的に安全です。

今回のiOS 10 beta 1 は完全なる初期段階であり、多くのバグや不具合、動作不良などが懸念されますのでメイン機種でのインストールはオススメしません。

また、iOS10ではiOSの心臓部的な意味である内部コード 『Kernel』が暗号化されておらず(ミスなのか意図してなのかは不明)、興味本位でインストールするとセキュリティ部分で不安な点にはなってしまいますので、サブ機でのアプリ開発用&セキュリティ検証用としての使用をオススメします。

※全てにおいて自己責任での実行をお願い致します。当方では責任は一切負いません。行う際は必ずバックアップを取ることをオススメします。

スポンサーリンク




iOS 10 beta 1をインストールする方法

1. こちらにアクセスし、プロファイルのインストール→再起動を行います。

2. 再起動後、設定→一般→ソフトウェアアップデート→iOS 10 beta 1をダウンロード&インストールします。

3.ダウンロード後、インストールをタップすると再起動され、iOS 10 beta 1のインストールが完了されます。

iOS 9に戻す方法

1.PCにてこちらにアクセスし、Select Deviceでご自分のデバイス、Select iOS Versionで戻したいバージョンを選択しまし、Downloadをクリックでipswのダウンロードが開始されます。赤の状態のiOSバージョンは使用できませんので、緑の状態のものをダウンロードしてください。

2.PCとiPhoneを接続後、iTunesを起動→デバイスの概要画面にてWindowsの場合は「Shiftキーを押しながら」、Macの場合は「Altキー+Optionキーを押しながら」復元をクリックし、ダウンロードした.ipswを選択します。

3.復元が開始されますので、終わるまで待機します。

4.復元完了後、バックアップから復元→バックアップ復元が完了したら終了です。

iOS 10、一度使ってみると分かりますが、やはり最初の部分のロック解除方法がホームボタン方式に変わっていたため、いつもの癖で左にスライドしてしまうのが慣れが必要かなと思いました。

しかし、それを踏まえても中々面白い部分が多数ありましたので、興味のある方は自己責任でやってみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク