LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは、管理人のKn0wsです。

自分でブログを本格的に運営する場合、『独自ドメイン』が必須となります。

しかし、それには独自ドメイン費用が必ずかかります。レンタルサーバーなどでは『初年度無料キャンペーン』という形でリリースしていますが、二つ目の独自ドメインを取得しようとすると、どうしても無料で手に入れることはできないに等しいです。

そんな時に便利なサービスが『Freenom』です。

こちらのサービスは独自ドメイン『だけ』を、1年間無料で登録できるので、二つ目のサイトを短期間でいいから運営したい、テスト用でいいから欲しい、という方にオススメです。

1年間無料で登録できるドメインは

  • http://〇〇.tk
  • http://〇〇.ml
  • http://〇〇.ga
  • http://〇〇.cf
  • http://〇〇.gq

のみとなっています。

それ以外はまた別料金となります。

ちなみに上記のドメインを1年以上利用する場合は、一年につき9.95ドル、大体1000円ちょっとなので、日本の.com, .net, .orgなどの平均相場とあまり変わらないですね。

スポンサーリンク




登録方法

Freenom にて登録したいドメインが空いているかチェックします。

空いていれば、Get it Now! をクリックし、複数使いたい場合も同じようにクリックします。

決まったら、右上の『Check Out!』をクリックします。

すると、チェックしたドメインのプランを決めることができます。一番右のプルダウンメニューで、1~12か月間無料で使うか選択できます。それ以上利用する際の値段も表記されています。

Forward this domain』は、自分が運営しているサイトのURLを入力することで、取得したドメインに自動的にリンクされるようになります。オリジナルの短縮URLとして使えますね。

Use DNS』 > 『Use Freenom DNS Service』 は、無料サーバーや自分で構築したサーバーにURLとして利用できるようにするサービスです。自分の利用中のサーバーのIPアドレスを入力することで、ドメインとして設定できます。

Use your own DNS』は、レンタルサーバーを利用している場合、Nameserverに自分のレンタルサーバーのネームサーバーを入力し、IP addressに自分のレンタルサーバーのIPアドレスを入力することで、レンタルサーバー上で管理できるようになります。

1年以上利用の料金の支払いはFreenomで、レンタルサーバーにより利用できない場合があります。WordPressなどのサーバーを必要とするサイトを運営する場合は、この設定をしないと利用できません。

以上の二つは後からでも設定できます。

使い方を決めたらページ下にて会員登録を行います。メールアドレス、Google+、Facebook、Windows Live(現Microsoftアカウント)、それぞれの方法で登録できます。

登録すると、メールアドレスに認証URLを添付したメールが届きますので、URLをクリックして登録の続きをしていきます。

それぞれ入力していきます。英米式の入力方式ですが、入力する際は日本語でも問題ありません。

State/Region = 都道府県  City = 市町村  Address1 = 以降の住所  Zip Code = 郵便番号』がテンプレートです。

記入して完了すれば、登録完了です。

使い方

メインページの 『Services』 > 『My Domains』で登録したドメインの管理ができます。

Manage Domain』でネームサーバーの設定などができます。今回はドメインが正常に動作しているか確認するため、一番右の『Get GoSite!(僕はクリックしちゃったのでManage GoSite)』をクリックします。

開いたページの『Go to the GoSite Website Editor』をクリックして、簡単なテンプレートページを作っていきます。

ページエディターが起動しますので、好きなテンプレートを選択します。

選択したら、自分の好きなように変更・設定していきます。

完了したら、右上の『PUBLISH』で公開します。

ダイアログが表示されたら終了です。

http://kn0ws-blog.tk

問題なく表記されていますね。

この状態では中盤で説明したように、WordPressをインストールしたり、オリジナルのHTMLをアップロードしたりできません。

サーバーがないからです。

今は名前だけ取得している状態で、データを保存して公開するための『箱』がないからです。

しっかりと運営する場合は、レンタルサーバーなどを利用するしかありません。

無料のレンタルサーバーと組み合わせることも可能ですが、モノによってはネームサーバーの利用が制限されていたりしますので、少しお金はかかりますが、レンタルサーバーを利用した方が無難です。

個人的におすすめなのが、僕も利用しているレオサーバーです。

データ容量・転送量・ドメイン数・メールアドレス数・データベース数全てが無制限

さらに、サーバー(12か月契約)と同時申し込みで独自ドメイン(.com, .net, .org, .info, .biz)が初年度無料になります。

さらにさらに、SSL証明書を必要とするECサイトやSNSを運営する際も、SSL証明書を無制限で無料で利用可能です。

こちらのページから登録して頂くと、総額から10%割引されますので、ぜひご利用ください。


スポンサーリンク