LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは、管理人のKn0wsです。

早速ですがみなさんは毎月のスマホ代はいくら支払っていますか?

平均すると7000円〜1万円となっています。

しかし、僕はiPhoneとiPadの2台で6000円で抑えています。

なぜここまで違うのでしょうか。

それは、僕がdocomoやau、Softbankなどの大手通信キャリアを使わず、格安SIMと言ったMVNO事業者の通信プランを利用しているためです。

格安SIMとは

格安SIMとは、docomoやau、Softbankなどの大手通信キャリアとは違い、毎月の料金が1/3も違うキャリアのSIMのことです。

MVNO事業者とは、簡単に言えば設備を持たず仮想的にネットワークサービスを提供している事業者のことです。

世界には沢山のMVNO事業者が存在し、格安SIMを提供しています。

では、なぜ格安SIMは大手と比べて安いのでしょうか。

それは、大手のように代理店や直営店を持たないため人件費が掛からず、それに加えて店舗の運営費や維持費なども掛からないためです。また、大手は独自の回線を開発・運用をしているためその分の維持費がかかりますが、格安SIMを提供しているMVNO事業者は、docomoやauの回線をレンタルしているため、維持費などが掛からないのです。

これにより、低価格化を実現しているのです。

では、この格安SIMはどれほど安いのでしょうか?

今回はdocomo回線を使用したOCN モバイル ONEを紹介します。

au回線を使用した格安SIMは後ほど別の記事にて更新します。

スポンサーリンク




docomo回線を使用した『OCN モバイル ONE』の場合

このOCN モバイル ONEは、docomo回線を使用しています。その為、お使いのスマホが

・docomoの端末であること

・SIMフリー端末であること

が条件です。

※毎月のデータ通信量・料金は変動します。(5/31現在)

【音声通話+データ通信の場合】


初期費用:3000円 

電話番号: 新規orMNP可(070/080/090)

通話: 30秒/20円

  • 1日110MB = 1728円/月
  • 1日170MB = 2246円/月
  • 毎月3GB = 1944円/月
  • 毎月5GB = 2322円/月
  • 毎月10GB = 3240円/月
  • 毎月15GB(低速プラン) = 2700円/月

OCN モバイル ONEの音声通話対応SIMを契約すると、毎月324円で050-○○○○-○○○○という電話番号が付く050 PlusというIP電話が月額無料で付属します。

これを使用することで、通常の30秒20円の通話を、固定電話宛てなら3分8円、携帯電話宛てなら1分16円、050Plus同士なら24時間通話無料となります。

そのため、070/080/090の電話番号にもう一つ050という電話番号が付くということになります。※050 PlusではLINEなどの登録、110や119などの緊急電話は利用できません。

2年縛りではなく6ヶ月縛りなので、6ヶ月以上使えば違約金は発生しません。

【データ通信のみの場合】


※画像はイメージです。

初期費用: 3000円

電話番号:無し 新規契約のみ

通話: 不可(050 PlusやLINEなどのIP電話は可)

  • 1日110MB = 972円/月
  • 1日170MB = 1490円/月
  • 毎月3GB = 1188円/月
  • 毎月5GB = 1566円/月
  • 毎月10GB = 2484円/月
  • 毎月15GB(低速プラン) = 1944円/月

このデータ通信専用SIMは、タブレット端末などにオススメされるものです。

注意点としては、電話番号がないためスマホに入れると、機種によっては電話番号があると勘違いして常に検索をかけてしまうため、バッテリーの消費量がかなり高くなります。

ネット通信は可能ですので、LINEや050 Plusなどの電話網を使わずネット回線を使うIP電話は利用可能です。

また、このデータ通信専用SIMと後述するデータ通信専用SIM(SMS付き)は月額162円で050 Plusを付けることが出来ますので、050の電話番号で通話も可能です。

こちらは縛りは無く、好きな時に解約しても違約金は発生しません。

【データ通信専用SIM(SMS付き)】


※画像はイメージです。

初期費用: 3000円

電話番号: 新規orMNP可

通話: 不可 (SMSメールのみ可)

料金=データ通信専用SIMのプランに+120円

このデータ通信専用SIM(SMS付き)は、電話番号は発行・移行することは出来ますが、通話は出来ません。

しかし、SMSメールは可能ですので、LINEの新規登録など、電話番号にメールを送信するSMS機能必須のサービスに登録することが出来ます。

こちらも、月額+162円で050の電話番号を付けることが出来ます。

また、こちらは電話番号が付いてますので、スマホでもタブレットでも安心して使うことが可能です。

こちらも縛りはない為、いつ解約しても違約金は発生しません。

まとめ

これを使うことで、毎月の使用料が確実に安くなります。

例えば、毎月通信(7GB)に4500円、カケホーダイ毎月平均1500円、本体料金毎月3500円かかるとします。

4500円+1500円+3500円=9500円円

9500円 × 24ヶ月 = 年間228000円

しかし、格安SIMに乗り換えることで

::(毎月5GBプラン + 毎月10分の通話 + 毎月の本体料金) × 24ヶ月 + ::

(毎月2322円 + 10分400円 + 3500円) × 24ヶ月 = 年間149328円 + 違約金10000円= 159328円!!

実に6万円近い差が生まれるのです。

もし本体料金がかからない状態であれば、毎月10GBのプランにしたとしても

(毎月3240円 + 10分400円) × 24ヶ月 = 87360円!!

かなり安いです。

7GBで通信制限がかかって19万円、でも通話はそんなにしない… そんな方が10GBで8万円代… すごいですよね!

僕は本体代がかからないので、この料金プラスiPad(本体料金無し) データ通信専用SIM(SMS機能付き) 10GB 毎月2604円 で利用しています。

なので、2台持ちでも毎月5000円台に収めることができるのです。

格安SIMは繋がりにくい、遅い… そんなことをよく言われますが、全くと言って良いほどありません。

docomoの回線をレンタルしていますので、docomoの回線とほぼ同じスピードの通信速度で使用できます。

1人暮らしを始めて携帯代が苦しい… そんな時は格安SIMをご検討してみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク