LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは、管理人のKn0wsです。

Ruby言語は日本人の方が開発したオブジェクト指向スクリプト言語で、PerlやPythonとは違いながらも、圧倒的人気を誇るプログラミング言語のひとつです。

特にRubyは、構成が他のプログラミング言語と比較するとかなり簡単なので、世界的にも「怒られない言語」、「優しい言語」、「プログラマーの友達」として有名です。

今回紹介するのは、Ruby言語でiOS, Android, OSX アプリ開発を可能にするクロスプラットフォーム『RubyMotion』です。

RubyMotionは、公式サイトにも宣言されている通り、iOS, Android, Mac OS X ネイティブアプリを、自分の好きなエディタと本家・派生のRuby言語で開発できます。以下からは公式サイトのビデオに沿ってイントロダクションの解説をしていきます。

通常、iOS/OS Xアプリ開発にはXCode、Androidアプリ開発にはAndroidプラットフォームが必要です。

しかし、通常XcodeでAndroidプラットフォームを使って開発したり、またその逆もできません。

RubyMotionでは、この壁を取り払い、Ruby言語での開発を可能にします。

以下の表のように、アプリ開発にはそれぞれ必要な言語があります。

それを、RubyMotionを使えば、言語はRuby、IDEは自分の好きなエディタ、APIにはそれぞれのSDKに加え、Gemsでの開発も可能です。

このRubyMotionで開発された代表的なアプリは、誰でも簡単に、無料でブログやWebサイトを作れるJimdoが有名です。

他にも、眠れぬブラウザーもこのRubyMotionで開発されています。

利用には無料プランと有料プランがありますが、最初は無料プランでどれだけ使えるのかを試し、気に入ったら有料プランに変更しても良いでしょう。

少々値段は張りますが、Rubyが大好きで今からSwiftやObjective-Cは学びたくない!という方は一度試してみてはいかがでしょうか。

これからRuby言語を勉強する方におすすめなサイトがpaizaラーニングです。

説明動画とコーディング、リザルト画面が一つに詰まっていますので、エディタを導入していなくても問題ありません。


スポンサーリンク