LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは、管理人のKn0wsです。

本格的なWebサイトを作るには、HTMLコードを書き、CSSで装飾し、PHPやRuby, Javaなどで機能を追加する…とかなり大変です。

そこで便利なのが『埋め込みコード』です。

これは、Webページに生成されたHTMLコードをコピペするだけで、本格的な機能を搭載することができます。

例えばアニメーションやSNSチャット機能などがあり、一つ入れておくだけでサイトの使い勝手を向上させることができます。

今回はECサイトやQ&Aサイトなど、様々な分野で、カスタマイズ次第でどんなジャンルにも対応できるWebサービスを紹介します。

㊟本格的に運用する場合は、有料となるサービスがあります。サンプルはページ読み込みを低下させるため、お手数ではありますが各公式サイトをご覧ください。

スポンサーリンク




HTML5 Maker

こちらはHTML5ベースのアニメーションを作成できるサービスです。

商品紹介や企業の紹介など、アニメーションを利用してスタイリッシュかつ分かりやすい説明・解説を行うときに役立つサービスです。

SoundCite

こちらは文字に音声を埋め込むことができるサービスです。

例えば、ゲーム紹介サイトでの効果音サンプルや、音源紹介サイトなどでのサンプル再生機能などで使えます。

Typeform

こちらは高機能・ハイセンスなデザインのフォームを簡単に作成できるサービスです。

例えば、会員制サイトの登録フォームやブログでのお問い合わせフォームなど、ユーザーと管理者の間接機能をより繊細に、使いやすくすることができます。

意外とお問い合わせフォームや登録フォームを作るのは面倒ですので、使ってみるとかなり手間が省けるでしょう。

Infogram

こちらは複雑な情報をシンプルに伝えるための『インフォグラフィックス』を作成できるサービスです。

長文で長々と説明文を書くよりも、画像と短文でシンプルに説明した方が良いですよね。そんな時に使えるサービスです。

プロジェクトの詳細やシステムの構造など、様々な分野で使うことができます。

Sketchfab

こちらは自分で作成した3Dグラフィックをページに埋め込むことができるサービスです。

例えば、家具や家電などの新製品、物件の間取り図などを説明する際、画像だけでなく3Dグラフィックで向きを変えたりして、ユーザーに見せることができます。

自分の作った製品を説明したい場合などに便利ですね。

Olark


こちらはページに『リアルタイムチャット機能』を搭載するサービスです。

ECサイトやSNSサイトなどで、リアルタイムでやり取りをしたい時に便利です。

また、企業のアポイントメントページなどで予約をしてもらう際、リアルタイムで対話できるとメールなどを使う必要がありませんし、企業のイメージアップにもなります。

 

いかがでしょうか。

本格的な機能をサイトにつけると、相当な技術が必要になりますが。こうしたサービスを利用することで、時間の短縮や手間を省くことができます。

必要に応じてオリジナルにカスタマイズすることができるので、是非とも一度、試してみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク