LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは、管理人のKn0wsです。

今年発売が予想される次期iPhone、名称は『iPhone 7s』ではなく、『iPhone 8』または『iPhone X』になるかもしれません。

Macお宝鑑定団Blog によると、台湾の信用できる情報筋の話から、次期iPhoneは4.7/5/5.5インチの3モデル構成になるという情報があり、さらに背面ガラスを採用したモデルには『ワイヤレス充電に対応しているよう』という情報を得たとのことです。

iPhone 7sではなくなるかもしれない理由は、今までAppleは『iPhone 〇』を先にリリースし、その後、性能をさらに高めた『iPhone 〇S』をリリースしています。

ただ、iPhone 7 では、ドックとヘッドフォン端子が一体化しており、これがあまりに不評のため、次期iPhoneでは同梱しない、または別の方式となる可能性があります。

それを変えてしまうと、結果iPhone 7とはまた異なった機種になるためです。

これにより、次期iPhoneの名称が変わるかもしれない、というわけです。

また、次期iPhoneには虹彩センサーを搭載し、目の虹彩でロックを解除などできる可能性があると言われています。

更に、Appleがワイヤレス充電技術『Qi』の陣営に正式に加盟したため、次期iPhoneではワイヤレス充電が搭載されるかもしれない、ということです。

ただし、これは噂の一つに過ぎません。

実際のところは発表があってからではないと分かりませんが、もしこれら全てが実現された場合、今までのiPhoneで最も高価な端末になることでしょう。

個人的には、名称は『iPhone X』がかっこいいので好きです。


スポンサーリンク