LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


オープンソースのCMSの代表格といえば、『WordPress』。

今や世界のウェブサイトの5割はWordPressと言われているほど、世界的にも浸透しています。

その他に人気なCMSと言えば、

  • MovableType
  • Joomla
  • Drupal
  • MODx

などがあります。

今回紹介する「ProcessWire」は、上記のどのCMSとも違ったCMSとなっています。

スポンサーリンク




ProcessWireとは

ProcessWireは、元MODxの開発陣が加わって制作された、全く新しいCMSです。

言語はもちろんPHPで、主なデザインは主流に合わせたフラットデザインを採用しています。

WordPressとの違いは、「管理画面のシンプルさ」にあります。

Bootstrapを採用したデザインに、ツリー型で管理ができ、非常に見やすく扱いやすくなっています。

また、非常にスッキリとしているため、直感的かつシンプルに操作が可能です。

さらに、豊富な拡張機能(Module)を取り揃えており、柔軟性も高いのが特徴です。

インストール自体も簡単で、サーバーにアップロードしてURLにアクセスすれば、インストーラーが実行され、必要な情報を数件入力するだけで終了します。

開発者目線

ソースコード自体はかなりシンプルにまとめられており、WordPressのように「これなんの変数だっけ」「このメソッドなんだっけ」となるところがあまりありません。

また、WordPressとの大きな違いは、PHPパッケージツールのComposerも利用できますので、拡張性の高さも特徴です。

レイアウトのカスタマイズは、エディタで直接弄る必要があります。

テンプレートを開発も、コードはどちらかというとLaravelに近い(?)ような気がするので、フレームワークでの開発経験がある方にはやりやすいのではないかと思います。

まとめ

実際に使ってみるとわかるのですが、かなりシンプルかつ軽量、それでいて簡単なのに高機能と、正直興奮を覚えるCMSとなっています。

普及率は認知度が低いため、そこまでないのですが、今後最も期待できるCMSでしょう。

正直に言うと、「WordPressやMODxの問題点を解決したCMS」と言ってもよいでしょう。

これからの動向が楽しみなCMSですね。

リンク先 -> ProcessWire CMS: An open source CMS with a powerful API


スポンサーリンク