LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは、管理人のKn0wsです。

みなさんはiPhoneにフィルムを貼っていますか。

aigf-st_2

私はもちろん貼っています。

万が一のために、そして機種変更時に売却することを考えて着けています。

私が貼っているのはガラスフィルムで、今更説明すると長くなってしまいますので今回は割愛させていただきます。

今回は、iPhoneのガラスフィルムを検討中の方へ向けた記事となっていますが、今後購入される可能性もあると思いますので、頭の片隅にでも置いておいてください。

前説:ガラスフィルムと通常のフィルムの違い

なぜ私がガラスフィルムを推す理由は、通常のフィルムとは価格以上にかけ離れた性能を持っているためです。

通常のフィルムには様々な種類があり、画面の映り込みを防止する『アンチグレア』、指紋跡や汚れを低減する『指紋防止』、透過性を重視しクリアな画質を求めたフィルムなどがあります。

通常のフィルムはこのように自分の必要に応じた種類があり、選びやすさと低価格が特徴です。

これに対し、ガラスフィルムは『傷・指紋防止、画面保護、透過性』に特化しており、ポケットやバッグに入れていた時に発生する傷や指紋汚れの防止、いざという時の画面保護、そしてクリアで透明感のある繊細な画質を楽しむことができますが、その分製造コストがかかるため、通常のフィルムの2倍の価格となります。

しかし、それ以上の性能と安心感、使い勝手の良さは折り紙付きです。

どちらを選ぶかは自由ですが、個人的には使い勝手委の良いガラスフィルムですね。

ガラスフィルムの選び方:硬さ編

ガラスフィルムを選ぶ基準に『硬度』があり、『硬度9H』などがあります。

これは鉛筆の硬さを表す基準と同じで、数字が大きいほど硬くなります。

しかし、「硬ければ硬いほど割れにくい」という認識は実は正解とは言えません。

結局は『ガラス』なので、どんなに硬くても想定外の方向から力が加わってしまうと割れてしまいます。

正解は『記載硬度以下の力が加わっても傷がつかない』です。

つまり、カッターで硬度9Hのフィルムをこすってもフィルムの方が硬いため、傷は付かないのです。

逆に、9Hを超える力が加わってしまえば傷つき、割れてしまいます。

ガラスフィルムには基本的に『9H』が利用されていますので、9Hを基準にしましょう。(8Hは見たことありませんが…)

製品によっては10Hもあります。

ガラスフィルムの選び方:薄さ編

ガラスフィルムを買う時、薄さが違っている時ってありますよね。

薄さが違うと何が違ってくるのでしょうか。

標準的な薄さ=0.33mm

  • 厚みがあるため、触れたときに少々クセがある
  • ガラス密度が大きくなるため、一部が割れた時の連鎖割れが起こりやすい。
  • 低価格

極薄の薄さ=0.2mm

  • 薄いため、ナチュラルな触感を得られる。
  • 密度が小さくなるため、連鎖割れが最小限に抑えられる。
  • 0.33よりも柔軟性があるため、衝撃を拡散して画面割れや傷を少なくできる。
  • 高価格

超極薄=0.15mm

  • 0.2mmよりもナチュラルな質感と触感
  • 柔軟性が非常に高い
  • 透過性抜群
  • かなり高価格

となってきます。

個人的には0.2mmですが、余裕がある時は0.15mmがおすすめだと思います。

やはり、薄ければ薄いほど画面を触れたときの自然さは0.33mmには表現できませんし、何より 薄い=技術 が求められるため、自然と質も良くなります。

おすすめのガラスフィルム

スポンサーリンク




0.33mm

OAproda 強化ガラスフィルム

0.33mmは、比較的安価なものが多く不安になりがちですが、このOAprodaのガラスフィルムは今までで一番長持ちしているガラスフィルムです。

現在もこれを貼っていますが、これを使い続けて10ヵ月目となりました。

使い方もありますが、他とは違い傷が少なく、汚れも少なく貼る時の気泡もほとんどありません。

この価格帯のガラスフィルムとしては最強ではないでしょうか。

 

0.2mm

AntiGla 強化ガラスフィルム

こちらはAntiGla製のフィルムで、1000円台で0.2mm、しかも自動吸着のため気泡も入らず、汚れも付きにくく、操作もしやすい滑らかさです。

他にも安価な0.2mmガラスフィルムはありますが、どれをとってもこの製品には敵いません。

通常家電量販店や店頭で購入すると2000~3000円台ですが、それを上回る性能ですのでおすすめです。

0.15mm

イミディア 強化ガラスフィルム

 

こちらは8Hの硬度ではありますが、薄いまま硬度がありすぎるとちょっとした衝撃で割れてしまうため、この程度がおすすめです。

こちらはiPhone6に装着していましたが、柔軟性の高さとぴったりな硬さ、それでいて汚れも傷も水滴も付きにくくしっかり拭き取れる、まさに自分史上最高にうすぴたなフィルムでした。

物は試し、となってしまいましたが、買って後悔はしていません。

なぜなら店頭で0.15mmは4000円以上するからです。

この値段でこの性能、そして長持ち。言うことなしでした。

いかがでしょうか。

ガラスフィルムには色んな種類がありますし、自分に合ったものがたくさんありますが、結局は長く使いたいですし大事に使いたいですよね。

ただし、ガラスフィルムを貼ったから100%安心ではありませんので、半信半疑ぐらいが一番安全でしょう。

 


スポンサーリンク