LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは、管理人のKn0wsです。

みなさんはiPhoneケースをお使いでしょうか。

おそらく、これを読んでいる大半の方はケースを装着していると思われます。

または、ジョブズの意思を継ぎ、「iPhoneはそのままが一番美しい」という方もいらっしゃると思います。

感じ方は人それぞれですが、やはり安心・安全に使いたい方はケースを着けるでしょう。

そこで今回は、私が今まで何十種類も試したケースをランキング化しました。

㊟断じて私はケースマニアではなく、ただ単に好奇心と飽き性が重なったため何十種類も試しただけなのでご安心ください。

ケース選びで絶対的に必須となる項目

  • ケースの縁が画面より前に出ていること
  • ジャック周辺部分が広く空いていること

この二つは買って後悔しないための項目です。

ケースの縁が画面より前に出ていれば、万が一の落下時に画面側から落ちても画面にかかる衝撃を軽減してくれるため、画面割れを未然に防いでくれます。ケース代をケチった時の修理代金は本当に耐えがたいものです。*経験談

また、ジャック周辺部分が広く空いているものをおすすめします。その理由は、イヤホンを挿入する際や充電時にプラグをつなぐ際、狭いとジャックやプラグが刺さらず、無理やりねじ込んだりいちいち外して接続しないといけなくなるからです。

これも経験談ですが、以前買ったケースではイヤホンもプラグも刺さらず、トイレに流してやろうかと思ってしまったことがあります。

購入する際は、くれぐれも自分のイヤホンジャック・プラグジャックのサイズに合ったケースをお選びください。

ランキング

1位 Spigen ラギッドアーマー

このラギッドアーマーシリーズはiPhone 7用ですが、自分はSpigen製のアーマーシリーズをよく使っています。

その理由としては、Spigen製のケースは耐衝撃性に優れ、安価で、さらに手に馴染む薄さと質感を備えています。

つまり、「安い、強い、美しい」の三拍子を揃えているということです。

持ち運びが多く、尚且つ出し入れの多い場合にすっと出せてかさばらないという点は、ユーザーにとっては魅力的ですね。

2位 ICARER 手帳型ケース

ビジネス=手帳というイメージのせいか、ビジネスマンでも割と手帳型を利用している方も多いです。

個人的に手帳型ケースは好きではないのですが、このICARERの手帳型ケースはランキング2位に食い込むほど気に入りました。

その理由は、手帳型ケースによくある「かさばり」がなく、驚くほど薄いのです。そのため、ぴっちりスーツやズボンのポケットに入れても大きくポッコリしないので、大変優秀です。

また、デザインもスタイリッシュで個人的には大変気に入っていました。

3位 Spigen ウルトラ・ハイブリッドS

こちらは極限までiPhoneのデザインを引き出すバンパー系のケースです。

このウルトラハイブリッドSの利点は、何よりもiPhone本来の美しさを醸し出しつつ、横画面状態で立てることができるバックキックというミニ機能付きです。

バンパー系というと、側面を覆うだけのケースのためむき出しの部分に傷がつくことがあります。人間でいうところ、ビキニみたいなものです。

しかし、このウルトラハイブリッドSは背面にクリアケースを着けているため、画面保護フィルムをつければほとんど死角はなくなります。ビキニに透明なコートを着るようなものです。

バンパー系と言ってよいものかはグレーなところですが、比較的堅牢なため、万が一落としたとしても安心です。

また、バックキックが付いているため、例えば作業中に動画を見たい時はこれを出すことで立てることができます。

仕事でもプライベートでも使えるので、ハマる方もかなり多いようです。

立てるときは手帳型かバンパーリングが必要でしたが、これさえあれば特に必要ないので本当に便利です。

スポンサーリンク




いかがでしょうか。

今回は3つのうち2つがSpigen製でしたが、個人的にはとてもおすすめしたいメーカーですので、是非ともお試しください。

ケースに関しては個人の趣味嗜好が問われるため、「これを買え!」とは言えませんが、今後皆様のケース選びの基準になればよいかなと思います。


スポンサーリンク