LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


世の中には、自分の「得意」を売ったり買ったりすることができるサービスが多数存在します。

このようなサービスを「クラウドソーシング」といい、代表的なものでは「Lancers」や「クラウドワークス」が存在します。

しかし、この二つの場合は「仕事を依頼する」「仕事を受ける」ことが主柱としてあり、一般向けには多少固苦しさがあります。

そこで、「誰もが簡単に得意を売り買いできる場」を提供しているのが、「ココナラ」と「WoW!me」。

この二つは、同じように見えますが、一体何が違って、どちらがお得なのかわかりませんね。

今回は、この二つの比較をしてみたいと思います。

スポンサーリンク




ココナラ とは

ココナラは、『株式会社ココナラ』が運営している「誰もが得意を売り買いできるフリーマーケットプレイス」です。

現在はCMなどの広報活動も積極的に行っているため、世の中での認知度も高いのが特徴です。

サービスの仕組みとしては、ユーザーが得意なことやスキルを売り(出品者)、それを他のユーザーが購入(購入者)し、サービスを受けることができます。

例えば、ロゴの作成依頼や悩み相談、作曲などがあり、ジャンルも幅広く展開しています。

WoW!me とは

ココナラに対して似たようなサービスを展開しているのが、この「WoW!me」。

運営会社は、冒頭にも記述した「クラウドワークス」を運営している『株式会社クラウドワークス』です。

クラウドワークスはWeb制作やシステム開発、音声文字起こしなどの「高度な技術」を必要とする部分が多いのに対し、WoW!meは、それを緩めたものになっています。

そのため、自分の「得意」を売りかいするマーケットプレイスを展開しましています。

ココナラとWoW!meの違いは?

ココナラとWoW!meの違いを、図で表してみましょう。

 サービス ココナラ WoW!me
 ユーザー名 未表記  30
 プロフィール文字数 400文字 3000文字
 出品手数料 出品料金の25%が出品者に課せられる 出品料金の3%が購入者の課せられる
 出品のしやすさ  ×…タイトルや詳細情報の文字数制限が厳しい ○…文字数制限が緩い
 価格設定 20万円まで 99万5000円まで
 報酬の受け取り 月2回受け取り可能。但し、一度振り込み依頼をすると完了まで再度振り込みができない 手数料無料 月2回の自動振り込み 手数料無料
 コミュニケーションの取りやすさ メッセージの送信・受信が可能 メッセージの送信・受信が可能
 禁止事項の緩さ かなり固め。SkypeやYouTube,その他外部サイトのURLは送信できない。  緩い。販売サイトへの誘導は禁止だが、SkypeやYouTube、外部リンクは可能
 サービスの使いやすさ ブラウザとアプリでの利用が可能。スマホのアプリからは使いやすい。 アプリはなく、ブラウザのみ。

結論

断然WoW!meの方がお得です。

認知度が少ないため、実際に依頼する人はココナラに持っていかれがちなのはデメリットではあります。

しかし、ココナラの場合は禁止事項の制約がかなり厳しく、かなり気を付けて利用しなければなりません。

さらに、手数料も25%とかなり大きく、最大料金の20万円を稼いだとしても、手数料で5万円持っていかれ、最終的に15万円となります。

WoW!meの場合は、購入者が料金の3%を負担するため、出品者は設定した金額分を受け取ることができます。

もし3%を払わせたくなければ、自分の価格を3%下げるだけで良いので、その部分もココナラよりも優れています。

実際に、WoW!meへ移行する人も徐々に増えてきていますので、ココナラが今後どうしていくかが楽しみですね。


スポンサーリンク