LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


ゲームボーイアドバンス(GBA)のエミュレーターと言えば、代表的なもので言うと『GBA4iOS』が有名ですね。

しかし、脱獄環境でなければiOS 10以降、企業用署名が必要になり、利用する上で制限がかかり、一定期間が経つとアプリが開けなくなります。

そこで公開されたのが、今回紹介する『iGBA』。

これはタイトルでも紹介した通り、ブラウザ上でGBAをプレイ出来るようです。

ただし、最後に記述する注意点をよく読んで利用するか否かを判断しましょう。もちろん、全て自己責任です。

スポンサーリンク




使い方

公式サイトにアクセスします。

Get Startedでアプリを開始します。

初期状態では何も入っていません。

ADD ROMでROMのURLを入力すると、ROMがインポートされるようです。

右上のバッグマークをタップすると、既存のROMをインポートできるようです。

トップページに追加されますので、タップして起動するようです。

実際に起動できるようです。

設定も細かにできるようですね。

動作環境はiPhone 6s以上とのことですので、それ以前もしくはそれ以下のデバイスでは正常に動作しない可能性があります。

注意点

このWebアプリは、実際法的にどうなのでしょうか。

日本の法律では、「違法と知っていながらのダウンロード及びアップロードは違法」となっています。

エミュレーター自体は、「生産が終了した製品のエミュレーターのみ違法ではない」となってますが、今回の場合、「ROMのダウンロード」となるのでしょうか。

GBA4iOSの場合は、ROMの吸出しツールなどでカセットからデータを吸出し、自分の環境上での利用であれば問題はありません。

しかしこのWebアプリのシステム上、ユーザーのブラウザキャッシュ上にROMデータをインポートし、ブラウザ上で起動しますのでこの場合は「違法ダウンロード」になる可能性があります。

また、ADD ROMを利用する場合、自前のサーバーや違法サイトから追加するのですが、前者の場合はアップロードによる違法、後者は認知上の違法となる可能性があります。

結論を言うと、日本での利用は「ブラック」になる可能性が高くなります。

なので、当方では紹介のみであり、一切の推奨は致しませんのでご了承ください。


スポンサーリンク