LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


Webブラウザには様々な種類があり、代表的なものではGoogle Chrome、Microsoft Edge(Internet Explorer)、Firefox、Operaが知られています。

Microsoft Edgeの人気は低いものの、Google ChromeやFirefoxは、世界的にも利用されているブラウザです。Operaも軽量ブラウザということで、重宝している方もたくさんいます。

そんなブラウザの中でも代表的なブラウザであるFirefoxですが、従来ではChromeと比べ動作にもっさり感が否めず、拒まれることがありましたが、今回新しいFirefoxブラウザのベータ版がリリースされました。

その名も、『Firefox Quantum』。

このブラウザの特長は、何と言っても軽量・超高速です。

従来のFirefoxと比べ2倍の動作速度で、且つメモリ消費量も30%オフとなっています。

倍速化の要因は、Rust言語を用いた超高速CSSエンジンを使用しており、さらに使用中のタブに優先順位を割り当てとなっています。

また、マルチコア・マルチプロセッサへの対応といった技術の結晶の結果、倍速化を実現しました。

UIは従来のデザインから、新UI『Photon』を採用し、フラット且つ丸みを帯びたデザインになっています。

ダウンロードは誰でも可能ですが、現状まだベータ版ということで日本語には対応していません。

動画にも表れている通り、高速化の代表であるChromeと同じ動作をした結果、Quantumの倍速化している点がよく分かります。

ダウンロードページから、PC版・Android版・iOS版が利用できます。

iOS版はTestflightへの登録が必要です。

スポンサーリンク




感想

使ってみましたが、最高の一言に尽きます。

動作速度、そして読み込み速度が従来とは大幅に変わり、実際に体感できるほど進歩しています。

私は根っからのFirefoxユーザーでしたが、速度に少々不満があり、時々Google Chromeに浮気してしまっていました。

11月14日に正式版がリリースされるとのことですので、リリースされたら本格的に移行するつもりです。

ベータ版ではあるものの、十分に使えますので、ブラウザの乗り換えを検討している方、Chromeのメモリ消費量に不満がある方、Firefox好きになりたい方はぜひ一度ご利用してみてはいかがでしょうか。

P.S.この記事もQuantumで書きました。


スポンサーリンク