LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは、管理人のKn0wsです。

クラウドワークスランサーズは、スキルを持った人が個人や企業の依頼を受けて仕事をし、それに見合った報酬を得るという、日本では話題のWebサービスです。僕も使っています。

そんなサービスを構築するスクリプト形態をJobBoardと言い、最近では似たようなスクリプトが多くなっています。

そんなサービスを簡単に作れるCMSが、『RBS』。

今回はこの『RBS』を紹介します。

スポンサーリンク




JobBoard CMS『RBS

こちらは前述した通り、企業側とフリーランス側でページが分かれており、企業は依頼できるダッシュボードが、フリーランスは仕事を見つけるページとユーザーダッシュボードがあります。

海外のJobBoardサービス、『Upwork』にインスパイアされており、見た目や標準的な機能はUpworkそのものです。

開発言語はPHPで、フレームワークはLaravelが使用されていますのでLaravel、そしてMongoDBが使えるサーバーが必須です。

まとめ

JobBoard系のサービスを構築する場合は、マッチングサービスというよりもClassfields系のサービスになりますので、OSClassやYclassなどが構築しやすいのですが、最初からJobBoardとして構築されているRBSは強みになると思います。

Laravelを使っているため、セットアップには少々手間取りますが、カスタマイズはその分簡単ですので、ぜひLaravelの知識をつけると良いでしょう。


スポンサーリンク