LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは、管理人のKn0wsです。

Uberと言えば、タクシーを探しているユーザーと、車を運転している近くのユーザーがマッチングし、タクシー代わりに指定した場所まで乗せてくれる画期的なサービスです。

もちろん運転するユーザーは料金設定が可能で、ドライブや休みの日などに副業のようにできるため、今注目されているサービスです。

このUberのようなアプリを開発できる、UberのiOS/Androidクローンが『Arcane』。

今回はこのArcaneを紹介します。

スポンサーリンク




Uberライクなアプリを開発!『Arcane

 

アプリのプロジェクトには『Rider(乗る人)』と『Driver(運転する人)』の2つに分けられており、画像にもあるようにDriverの料金設定や評価などがつけることができます。

RiderはGPSで現在地から半径〇メートル以内でDriverを検索できます。

iOS版はXcode Projectですので、Xcodeが必須です。

Android版はgradleで開発されているため、Android Studioでの開発がやりやすいと思います。

中身を書き換えれば、『タクシー』という概念にとらわれず、『運び屋』や『ドライブデート』としても使えそうですね。

まとめ

Uberはタクシーと違い、通常以上にも安く済ませることができ、両者ともに利益が高いため、日本でも今後さらに普及していくサービスと言われています。

それをベースに独自のサービスを開発できるのは嬉しいですね。


スポンサーリンク