LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは、管理人のKn0wsです。Use’N’Dream 最初の記事です。

外でスマホのバッテリーが切れてしまう…これはスマホを持つ上で決められた運命なのです。服を買ったら着るように、スマホを持ったら外でバッテリーは切れるのです。

そんな時に役立つのがモバイルバッテリーなのです。

79067

ELECOM モバイルバッテリー

モバイルバッテリーとはその名の通り、携帯できるバッテリーのことで、コンセントがないところでも充電済みのモバイルバッテリーがあれば、あら不思議!外でも充電できるじゃないですか!そんな便利アイテムです。

このモバイルバッテリー、最近急激に進歩してきており、『軽量・コンパクト・大容量』 この3つを兼ね備えたものが続々とリリースされており、なおかつ価格帯も比較的安価なメーカーも増えてきています。

しかし、ここで疑問が一つ。

家電量販店に置いてあるモバイルバッテリーとネットショップのモバイルバッテリー、どう違ってどう変わるのでしょうか。

今回はそんなモバイルバッテリ―を『安価・安全・安心』 この3つを考慮した上で、家電量販店で買うべきか、ネットショップで買うべきかをまとめたいと思います。

家電量販店 VS ネットショップ

一例として、家電量販店に置いてある2500mAh(iPhone約1回分)のモバイルバッテリーを基準にしたいと思います。

家電量販店に置いてあるモバイルバッテリー(2500mAh)の平均価格は2000円~3000円ほどです。

それに比べ、ネットショップのモバイルバッテリー(2500mAh)は900円~2000円ほどです。

この差の理由は一体何なのでしょうか。

その理由は、『ブランド』です。

家電量販店に置いてあるモバイルバッテリーのメーカーは日立、ELECOM、Logitecなど誰もが聞いただけで「安心できる」ブランドばかりです。

これにより、通常そこまで高くないはずのものが高くなっているのです。

ここまですると、「無くてもいいかな…」そう思ってしまいますよね。

そこで登場するのがネットショップ。

ブランド名は知らずとも、低価格&高品質&保証付きというメーカーもたくさんあります。

13000mAhはiPhone6Sを約5回フル充電できるのに対し、価格が2699円というかなりの低価格となっています。

しかし、この値段でこの性能は…怪しい!そう思いませんでしたか?

安心してください、安全ですよ。

こちらの商品はAnkerというメーカーのもので、世界でもトップのバッテリーメーカーです。コストパフォーマンスに優れており、独自の高速充電技術を採用していることでも有名です。また、メーカー保証もしっかりしており、問題があった場合は交換又は返金対応も迅速に行ってくれます。

まさに、安心安全安価のAnker。なんつって。

このcheeroというメーカーで代表的なのが、『ダンボー モバイルバッテリー』です。

この可愛らしいデザイン、ゆるい顔面構成、段ボールのように軽く高性能… 周りにも使っている方は意外といるのではないでしょうか。

cheeroの特徴は何といっても軽さ、大容量、コンパクトサイズです。

持ち運びしやすく、小型なのでかさばらず、それに対し性能はかなりの高さ。メーカー保証もしっかりしており、迅速な対応をしていただけます。

こちらも独自の技術を採用していますので、高速充電が可能です。

内蔵電池パックは日本製Panasonicのものですので、安心感もあります。

Ankerとcheero、この二つは家電量販店と同じ値段で5倍近く違う性能のものをリリースしていますので、買うならネットショップがオススメです。

ちなみに僕が使っていて、また壊れてしまった時にもう一度使いたいと思っているのがこちらの商品です。

大容量で高機能、そして急速充電も可能で、端末を何台も使い分けている僕としては3ポートはかなりありがたいです。

サイズは若干大きいですが、それさえも悪いとは思わせなくするほどの性能です。

是非一度試してみてはいかがでしょうか。

記事に関するご質問などがございましたら、Twitterにてお問合せ願います。

Twitterアカウント: こちら


スポンサーリンク