LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは、管理人のKn0wsです。

私は格安レンタルサーバーのレオサーバーを使っているのですが、レンタルサーバーが故にroot権限がなく、パッケージを使ったインストールができません。

そこで、今回はレオサーバーやその他レンタルサーバーにGitをインストールする方法を紹介します。

スポンサーリンク




手順

まず、SSHクライアントを使ってサーバーにSSH接続します。おすすめのSSHソフトはXshellです。

接続したら、ホームディレクトリへ移動します。ホームディレクトリは『/home/ユーザー名/』となっています。

ホームディレクトリにて以下のコマンドを実行して、ディレクトリを作成します。

パスを追加・反映させます。

を実行し、以下のパスを書き込みます。

書き込みを保存して、以下のコマンドを実行します。

これでパスの追加と反映が完了し、下準備が終わりました。

それでは、Gitをインストールしていきます。

まずはsrcディレクトリへ移動します。

最新のGitバージョンをダウンロードします。

現時点(2017年9月)ではgitの最新バージョンは2.14.1となっています。最新版がリリースされている場合は、最新版のアドレスを入力してください。

Gitを解凍し、ディレクトリへ移動します。

gmakeコマンドを使ってgitをインストールします。

Gitの場所とバージョンを確認します。

これでGitがインストールされました。

今後Gitをレンタルサーバーで使うときは通常通りコマンドを入力するだけで可能です。

Gitはかなり便利なので、ぜひインストールしておきましょう。


スポンサーリンク