LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは、管理人のKn0wsです。

先日ドン・キ〇ーテでノリでTVを購入し、やっと我が家にテレビを見る環境が整いました。

しかし、仕事上家に帰ってテレビを見るのが夜中になったり、最近の番組はどれが面白いのか分からなかったりということで、録画で撮りためてもなあ、と悩んでいました。

そこで、『だったらテレビでYouTubeとかNetflix見れるようにすれば良い』と思い、Amazonをサーフィン。

我が家のTVはHDMI端子が2つありますので、AmazonのFire TV Stickを買うか、Apple TVを買うかで迷っていました。

眺めていると、Android TVの関連商品が。物は試しと好奇心で、今回は最も安かった『Leelbox S1 Android TV Box』を購入してみました。

というわけで今回は、この商品のレビュー記事とさせていただきます。

スポンサーリンク




スペック

  • CPU: Amlogic S905X Quad Core A53 2.0GHz
  • GPU: Penta-core Mali-450MP GPU
  • RAM: 1GB
  • ROM: 8GB
  • WiFi: 802.11 b/g/n 2.4GHz

性能は正直なところ下の上ほど。2.0GHz×4 は良いのですが、メモリが1GBなのが難点。

しかし、メモリ1GB環境はどれほどの環境かを知りたいのが好奇心。ということで開封します。

ザ・開封

箱のデザインは黒で可もなく不可もなくな感じです。4K HDにも対応しているとのことですが、僕の環境では4K再生できるものがないので確認していません。

箱のサイズはNew 3DS LL よりも少し大きいくらいです。

箱の中身はなんだろな。上には本体とゴリ押ししてくる4K

その下には電源アダプタと1MほどのHDMIケーブル、専用リモコンが入っています。

全部並べてみるとこんな感じ。リモコンは単4電池×2が必要ですが、入っていなかったのでコンビニへ買いに行きました。

本体サイズはNew 3DS LLより少し小さい正方形です。重さは驚くほど軽いです。

使ってみた

実際に接続してみました。本体サイドにUSBポートが2つありますので、PCキーボードとマウスを接続したり、USBメモリやHDDを接続できます。

ホーム画面はこんな感じ。標準でクリーンアップアプリが入っているのは嬉しいですね。

設定画面はこんな感じ。WiFi設定をして、Gmailを設定して、気になるところを調整して完了。設定する際は、PC用キーボードを使うと使いやすいです。

ちなみに、More settingsを選択すると…

Androidの設定画面へ。ここもマウスがあると操作しやすいです。

Google Playも利用可能です。初回起動時はかなり重たいですが、何度か使っていれば問題なく動作します。

ホーム画面のMy Appsを選択すると、インストールされているアプリ一覧が表示されます。やはり動画系が標準インストールされていますね。

下の方には私が使うものが沢山あります。NetflixやYouTubeはよく使うのでありがたいです。(ちょっと怪しいのが見えます)

試しにYouTubeを起動。最初は重いですが、2回目からは割とスムーズです。某ユーチューバーの方の動画もサクサク。ドリルがよく回っています。

Netflixも最初は重いですが、2度目からは割と軽いです。ちなみに僕は山田孝之が大好きです。

感想

  • 性能: ★★★☆☆
  • レスポンス(反応速度): ★★☆☆☆
  • 使いやすさ: ★★★☆☆
  • 値段: ★★★★★

性能は高くないことは分かっていましたが、多少もっさりしていても待てば問題なく使えます。

レスポンスは悪く、もっさり感は否めません。使いやすさはAndroid感が大きいので、マウスやキーボードがないと操作しづらいです。

値段は3999円とお得でしたが、これならもう少しお金を出して性能の高いものを買うか(例: メモリ2GBなど)、Fire Stick TVの方が良いかもしれません。

今回はノリで買ったのでそこまで気になりませんが、本気で良いものがほしいのであればこのシリーズはオススメはできません。

4K再生ができるとのことでしたが、ハードウェアの性能上、再生にかなり時間がかかるでしょう。

ですが、割と使える部分が多いため、お出かけ用や寝室用など、ちょっとしたところで使うには適しています。

結論をいうと、こういう部類のものは安いものより少し奮発した方が良いですね。


スポンサーリンク