LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは、管理人のKn0wsです。

私は現在、フリーランスで時にはWebプロデューサーやWebディレクター、時にはWebデザイナーやWebエンジニア、時にはWebライターを営んでいます。

Web業界には多種多様な職種があり、それぞれ仕事内容が異なります。もちろん、どれも大変なものではありますが、その分それぞれやりがいのある仕事です。

そこで今回は、「Webに携わった仕事がしたい!」という目標を持ち、今後Web業界に踏み出したい就活予定の方々に向けて、職種の解説と必要なスキル・知識を紹介します。

スポンサーリンク




目次

そもそも「Web業界」は何をやる業界?

一言で「Web業界」といっても、これがどんな業界なのかまだ分からない、曖昧だ、という方もいらっしゃると思います。

「Web業界」とは、その名の通り「Webを使った事業を展開する業界」で、例えばWebを使ったSNSを提供したり、Webサイトを制作したりと様々です。

さらに、業種も多くとても範囲の広いので、自分に合った職種を選択しやすいというのも、一つの利点です。

Web業界の職種と必要なスキル・知識

業務の計画を立案する統括責任者!「Webプロデューサー」: 平均年収400~500万円

Webプロデューサーは、Webサイトの事業責任を全て負う職種です。

市場分析や収益・予算の計画、人材選択などを行う人員計画、プロモーション戦略の立案などを行う、事業に対する最高責任者です。

自分のアイデアや思想を実現するために計画・遂行でき、「やりたいことができる」職種です。以降紹介する職種の中で、最も年収は高いですが、その分責任も大きくのしかかってます。

年収は平均400~500万円ですが、敏腕プロデューサーともなれば1,000万円も夢ではありません。

新卒での採用は非常に難しいですが、目指して頑張ればなれる可能性は高いです。

必要なスキル・知識

  • マーケティングの知識
  • コミュニケーション能力
  • 発想・営業・企画・提案・交渉力
  • Web制作の知識
  • プロジェクトマネジメント能力
  • 人選能力

Webプロデューサーは、クライアントの求めるモノをプロの視点から見てどう実現するかを考え、提案・企画し、納期や予算の交渉を行い、プロジェクト遂行のための人選を行うなど、とても大変な仕事です。

しかし、クライアントからヒアリングし、制作チームに思想・構成を落とし込み、それを実現してクライアントに引き渡すという、1から10まで携わることができますので、やりがいは大きいです。

また、クライアントと最も近しい存在のため、企業の「顔」となるにふさわしい人材が求められます。

リーダーシップ、コミュニケーション能力、発想力に自信のある方向けの職種です。

制作チームの司令塔!先端から末端まで引き受ける「Webディレクター」: 平均年収350~600万円

Webディレクターは、Webプロデューサーが立案した計画を、制作チームの司令塔となって指揮・運営する職種です。

今回紹介する職種の中では最も多く工程に携わる職種で、

サイト設計(UI(ユーザーインターフェース)/UX(ユーザーエクスペリエンス)設計、システム設計など)
サイト制作(デザイン・コーディング確認、メンバー管理など)
運用・改善(テスト、管理、修正など)

など、業務の先端から末端まで全ての運営・管理を行う職種です。

Webプロデューサーの側近とも言える存在であり、制作チームにはかかせないリーダー的存在です。プロデューサーは経営的な面がありますが、ディレクターは技術的な面もあるため、技術者からディレクターになる方も多く存在します。

大変な仕事ではありますが、プロデューサーよりもチームに近しい存在のため、チームメンバーからは最も頼りにされる存在です。

必要なスキル・知識

  • 制作スキル(デザイン・コーディング・プログラミング・ライティングなど)
  • 企画・提案スキル
  • コミュニケーション能力
  • チームワーク・リーダーシップ
  • 法律の知識(著作権やライセンス管理)
  • 統計・解析スキル(アクセス解析など)

Webディレクターは、制作チームのリーダーであるという点から、技術的な面のスキル+経営面に関する知識も必要になります。

もちろん、リーダーシップも欠かせず、チームから頼られる人材である必要があります。

平均年収はWebプロデューサーに近く、新卒でも人間性とスキル・知識があれば採用される可能性も高いのが特徴です。

チームワークとリーダーシップ、コミュニケーション能力に自信のある方におすすめの職種です。

サイト制作の設計者!「Webプランナー」: 平均年収350~600万円

Webプランナーは、Webディレクターに似ており、サイト設計に特化した職種となっています。

クライアントとの打ち合わせ内容や要件、要望などをまとめてWebサイトとして設計する役割ですが、サイトのページ単位での細かい設計・編集・改修作業を行うことが大きな特徴です。

ディレクターと同じ立ち位置であることが多く、現在はディレクターと一括して扱われることが多いため、Webプランナーという枠での採用情報は多くありません。

ディレクターとプランナーの大きな違いは、ディレクターは制作チームの業務全般を管理・運用するのに対し、プランナーはサイトプランニングを行うのが業務の主体のため、上流工程の作業が多くなります。

言うなれば、ディレクターの側近、ディレクターとデザイナーの中間的存在です。

必要なスキル・知識

  • コミュニケーションスキル
  • デザインスキル
  • ヒアリングスキル
  • デザインツール・Office系ソフトのスキル
  • リーダーシップ

プランナーに最も必要なのは、クライアントからの要望をデザイナーに細かく落とし込み、引き継がせることができるスキルです。

デザイナーチームのリーダー的存在ですので、クリエイティブスキルとは別に、人間性も重要になってきます。

新卒採用ではディレクターよりも上流に特化したスキルが必須のため、難しい点ではありますが、デザイナーからプランナーになる方が多いので、まずはデザイナーから始めると良いでしょう。

サイトの「顔」を作り、「服装」を整える!「Webデザイナー」: 平均年収250~400万円

Webデザイナーは、サイトの顔とも言われるデザインを担当する、最も名の知れた職業です。

デザイナーはWeb業界では欠かせない存在であり、サイト全体のデザインを制作・修正したり、バナーやアイコンのデザイン、画像の編集を行う、「見た目」を担当します。

男女比率では女性が多く、ディレクターやプランナーのデザインラフ案を実際に形にしたり、クライアントの部分的な修正依頼を請け負ったりと、デザインに携わった業務が主体です。

新卒採用でも最も募集率が高く、デザイン学科の人から未経験の大学生まで、初心者でも挑戦しやすい職種であるのが特徴です。

年収面では多少乏しいですが、必要とする技術の難易度はそこまで高くないものが多いため、これからWeb業界を知りたい!という方にはぴったりです。

もちろん、名の知れたデザイナーともなれば、年収600万以上も可能ですが、そうなってくるとフリーランスで営業したり、デザイン会社を設立したりする方が多いのが特徴です。

必要なスキル・知識

  • HTML5+CSS3
  • JavaScript, jQuery
  • Photoshop, illustrator, DreamweaverなどのAdobe製品スキル
  • WordPressなどのCMSに関する知識、スキル
  • 色彩・フォントの知識
  • Webデザインに関する知識

Webデザイナーは最も需要が高く人数が多いので、新卒でも就職しやすいのが特徴です。未経験からでも挑戦しやすいということもあり、これからWebデザイナーを目指しても十分間に合います。

また、就活時には自己紹介ページやサンプルサイトなどを、ポートフォリオとして提出することで有利になる可能性がありますので、独学でも良いので試しに一度作ってみると良いでしょう。

CMSを活用する業務の場合、PHPなどの言語スキルも必要になりますので、そこも時間があればカバーすると良いでしょう。

Webデザイナーのデザインをコーディングで実現するプロフェッショナル!「Web・HTMLコーダー」: 平均年収300~400万円

Web・HTMLコーダーは、後述するWebプログラマーとは違い、Webデザイナーが制作したラフ案などを、実際にHTML,CSS,JSを使ってコーディングし、サイトとして形を作る職種です。

前述したデザイナーでも、企業によってはこのコーダーの業務を取り入れている場合もありますが、基本的には別の作業として行います。

プログラマとは違い、デザイナーのデザインを忠実に再現するため、デザイナー寄りのプログラマと考えても良いでしょう。

恐らく、Webデザイナーになりたい!と思って入社すると、最初はこのコーダーの業務を受け持つことが多いでしょう。

必要なスキル・知識

  • HTML5+CSS3の幅広い知識
  • JavaScript, jQuery, Bootstrap, ActionScript
  • Photoshop, illustrator, DreamweaverなどのAdobe製品スキル
  • WordPressなどのCMSに関する知識、スキル
  • 色彩・フォントの知識
  • Webデザインに関する知識

デザイナーとは違った形ではありますが、実際にはデザイナーがコーダーを兼用する場も多いようです。

サイトのデザインを考えるのが好きならデザイナーまたはプランナー、コーディングでサイトをデザインするのが好きならコーダーを目指しても良いかもしれません。

年収はデザイナーよりも高く設定されていますが、WEBプログラムのプロフェッショナルのため、未経験では多少敷居は高いかもしれません。

Webサービスのエンジンとなる機能を開発・改修するプロフェッショナル!「Webエンジニア・Webプログラマー」: 平均年収350~600万円

WebエンジニアとWebプログラマーは似て非なるもので、プログラムのコーディングから設計などを担当するクリエイティブ系がエンジニア、コーディングの職人で、どんな言語にも対応できるのがプログラマーです。

最近ではプログラマーもエンジニアとして扱われることが多いので迷いがちですが、コーディング作業が好きか、設計してその実現のために構成を練り、コーディングやサーバー管理を行うのが好きかで決まります。

プログラマはWebの基礎知識のほかに、様々な言語のスキルを必要としますが、エンジニアはコーディングの他に画面遷移・動作の設計、サーバーサイドの知識が必要になります。

年収は比較的幅広く、Web系・オープン系のエンジニア、プログラマーともなると、最高年収は1000万を超える方もいます。

また、エンジニアにはネットワーク環境を管理・運用するネットワークエンジニア、セキュリティ面を担当するセキュリティエンジニア、サーバー構築・管理を行うサーバーサイドエンジニアなど、Web系でも様々な種類があります。

この職種の業務範囲はとても広く、サイトのベース、心臓部分をつかさどる重要な役割です。

Webプログラマーの必要なスキル・知識

  • HTML, CSS, JSなどのWeb系の基礎知識
  • PHP, Ruby, Python, Javaなど多岐に渡る言語の知識・コーディングスキル
  • Ruby on RailsやLaravelなどのフレームワークの知識・スキル
  • WordPressなどのCMSに関する知識

Webエンジニアの必要なスキル・知識

  • HTML, CSS, JSなどのWeb系の基礎知識
  • PHP, Ruby, Python, Javaなど多岐に渡る言語の知識・コーディングスキル
  • Ruby on RailsやLaravelなどのフレームワークの知識・スキル
  • WordPressなどのCMSに関する知識
  • サーバーに関する知識(Linux系サーバーやWindows Serverなど)
  • セキュリティに関する知識
  • ネットワーク系に関する知識

この業種に関しては今回かなり省略しましたが、実際はさらに細かく、それぞれ重要な役割を持っています。

プログラミングが好きな人やWebサービスなどのベースの設計に携わりたい人にはピッタリです。

新卒採用率もデザイナーと並ぶほど高いのですが、人材不足のため数が少ないのが現状です。敷居が高いため、一歩踏み出すことが出来なかったり、壁が高く挫折してしまったりと様々ですが、今後Webエンジニアはさらに需要が高まりますので、将来的に夢の持てる素晴らしい職種です。

Webサイトの文字校正、読みやすさ、ユニバーサルデザインなどの「文字」のデザインのプロフェッショナル!「マークアップエンジニア」: 平均年収300~500万円

マークアップエンジニアは、デザイナーがデザインしたサイトの文字校正、読みやすさ、障がい者や子供にも見やすいユニバーサルデザインを担当する職種です。

マークアップとは、サイト上の文字を入力する際に「マークアップ記法」を利用して文字校正を整えることで、見出しや箇条書きなどが簡単に記述できます。

マークアップエンジニアがマークアップした文字を、コーダーがサイトに反映させるという流れが主です。

これは非常に重要な職種で、SEO面でも大事な要素ですので、アシスタントレベルで年収300~400万円ですが、SEOにとても有利なマークアップ技術とクライアントとの交渉スキルを持った人は、年収1000万円以上の人も存在します。

しかし、コーダーとマークアップエンジニアの境界線はとても曖昧で、コーダーがマークアップエンジニアの業務を行うこともあります。

最近はフリーランスのマークアップエンジニアが増えており、技術的な面でも注目されています。

必要なスキル・知識
  • マークアップ記法
  • HTML・CSSの基本的スキル
  • 文字校正に関する深い知識
  • 文章の読みやすさ、ユニバーサルデザインに関する深い知識

年収も高く、ライターとマークアップエンジニア、コーダーと3つのスキルでフリーランスで営業している方も多いので、今後検索エンジンの需要が高くなるに伴い、需要も高くなるでしょう。

新卒採用も採用情報として開示している企業もありますが、未経験ではアシスタントとして経験を積むことから始まります。

Webサイトの記事を書くライティングのプロフェッショナル!「Webライター」: 平均年収?万円

Webライターは、クライアントから依頼された内容の記事を書き、提供する職種です。

インタビューや商品レビュー、メールマガジンやニュース、コラムなど、幅広い環境で記事を書くことが仕事ですが、年収となると幅広いため、いくらとは定義できないのが現状です。

企業でWebライターを募集している場合もありますが、それはWebの企業というよりも情報配信系の企業が多いです。

この職種はフリーランスで選ばれることが多く、給料も時給・月給ではなく、文字単価で計算されます。

名前の売れていない始めたてのライターであれば、1文字0.1円から0.5円ほどですが、名の知れたブログやニュースサイトのライターともなると、1文字10円や20円と高単価です。

つまり、最初は10000文字書いて1000円ですが、有名になれば10000文字書いて10万円と、格差がかなりあります。

また、文字校正も考えながらライティングしないといけないため、不要な句読点や文法などでは成果が得られなかったり、省略されて書いたもの100%が収益には繋がりにくいのです。

必要なスキル・知識

  • ライティングスキル
  • タイピングスキル
  • 文字校正スキル
  • クライアントからの要望に応える臨機応変さ
  • しっかりとした文法でかける語彙力

ブログや日記などを書くことが好きな方にはとても向いていますが、最初はとにかくお小遣い稼ぎ程度で考えましょう。

新卒採用でWebライターというと中々難しい点がありますが、情報を発信するブログを運営し、アクセス数に自信があれば、アピールポイントになります。

いかがでしょうか。

Web業界には様々な職種があり、企業によっては複数の職種を一つの職種に統合したり、逆に細かく分けたりと様々ですので、自分がこれからなりたい!と思う職種を検討してみましょう。

Webの世界はとても広いので、これから何を始めるかを考えるよりも、何を作りたいか、を考えると良いでしょう。


スポンサーリンク