LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは、管理人のKn0wsです。

ウェブアプリを開発する際、Xamppなどでローカルサーバーを構築して開発する方法と、サーバーと常に連携しながら直接開発していく方法があり、ひと昔前まではこれにGitを連動させてバージョン管理などを行っていました。

今回紹介するHerokuは、PaaS(Platform as a Service)というサービスでアプリケーションを実行するためのプラットフォームです。

簡単に説明すると、サーバー・OS・データベースなどのプラットフォームをインターネットを介して利用できるサービスです。

開発者用のレンタルサーバーのようなもの、と考えても良いでしょう。

スポンサーリンク




PaaS(Platform as a Service)とは

そもそも、PaaSとは何ぞや?とピンとこない方もいらっしゃるでしょう。

通常ウェブアプリを公開する際、サーバーの購入・構築・整備・OSインストール、設定・データベース、対応言語のセットアップを行わなければならず、それには膨大な時間と費用、そして高度な知識を必要とします。

PaaSは、上記のような工程を全て代行してくれるサービスで、環境構築や保守運用、コストなどを大幅に削減できます。

最初に紹介した面倒な部分のサービスをオンプレミスといい、他にIaasSaaSなどがあります。今回紹介するHerokuPaaSに該当します。

Herokuは革新的サービス

Herokuを利用する際、ローカルに連携できるように開発環境をセットアップするのですが、これを済ませてしまえば、あとはただただ開発に集中するだけで良いのです。

また、HerokuではRuby, Java, Python, Node.js, Clojura, Scala, PHPと、ウェブアプリを開発する上でメジャーな言語がサポートされているため、開発者に応じた環境で、安心して取り組むことが出来ます。

もちろん、Herokuで開発したウェブアプリを、移行せずともそのまま公開することもできます。

また、個人での開発ももちろん可能ですが、Gitのように複数人で開発・管理をすることさえも可能です。

さらに、拡張機能も豊富で、開発者が一から設定せずとも機能を導入できるようになっています。

運用時にも、ログの出力・パフォーマンスのモニタリング、データベースのバックアップなどが利用できるため、通常のレンタルサーバーよりも開発者向けと言えるでしょう。

PaaS開発最高すぎる。

自分はHerokuを6か月ほど前に利用し始め、ちょくちょくいじったりしていたのですが、その感想を言うとすれば、ただ最高という他ありません。

ローカルで管理するよりも安心感があり、自分のセットアップ方法に相違があるせいで起こるコンフリクトなどが、Herokuではまず起こらず、そして何より集中できるという点が最高です。

拡張機能があるおかげで、面倒なコードを記述する必要が無く、簡単・確実に利用することが出来ます。これ、本当に最高。

皆さんも、今後ウェブアプリ開発をしたい、やってみたいという場合は、ぜひ一度Herokuを使ってみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク