LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは、管理人のKn0wsです。

皆さんはブログやサイトを自分で作ってみたいと思ったことはないでしょうか。

記事を書く、というだけでしたら、無料のブログサービス(Ameblo, はてなブログ, fc2ブログ, blogspotなど)がありますが、収益を求めるとなると個人でウェブサイトやブログを立ち上げて広告収入を得る、という形になります。

この際、レンタルサーバーを利用する上でのデメリットは

  • 月額or年額の料金がかかる。
  • ある程度の知識、ノウハウが必要。(FTPの使い方、集客方法、トラブル時の対処など)
  • 初心者にはハードルが高め。
  • 構築・運営の手間がかかる。

など、一見めんどくさそうに見えますが、メリットはそれに見合ったものにもなり、

  • 広告収入が入る。
  • デザインや投稿形式を自分なりにカスタマイズできる。
  • 慣れれば淡々と作業できる。
  • レビュー記事などで企業から試作品の依頼がくる。
  • 人気が出ればこれひとつで生活できる収入になることがある。
  • ブログはもちろん、コミュニティサイトやSNS、ネットショップなどが一つの契約で自由に運営が可能。

などなど、一攫千金を狙っても可、オリジナルの、自分だけのサイトを作り上げるも可、とかなり自由度は高いです。

スポンサーリンク




レンタルサーバーの相場はいくらくらい?

さて、ここで気になるのがレンタルサーバーの相場です。

相場と言っても、プランや提供企業によって様々ですので一概には言えませんが、大体100GBの制限ありで年7000~10000円程度です。

制限あり、というのは、保有できるドメイン数、利用できるSQL数、月の転送容量などです。

これに加えて、ドメイン登録費用や初期費用が掛かります。

初期費用の相場は大体1000~2000円程度、これは初回のみなので許容範囲でしょう。

しかし、ドメイン登録費用は年額制なので、種類にもよりますが、メジャーな~.comや~.jpなどは1500円~5000円程度です。

簡単に見積もると、大体年10000円前後となります。

通常のレンタルサーバーと『Leoサーバー』の違い

通常は上記の通りの金額がかかってきます。

これに対し、Leoサーバーは

  • ドメイン初年度無料、2年目以降の金額も安価
  • ドメイン数無制限
  • MySQL数無制限
  • 月間転送量・容量無制限

となっています。

他のレンタルサーバーでは容量に制限があるため、多少気を使わなければなりませんが、Leoサーバーではそんな気を使うことはありません。

転送量も無制限ですので、ちょっとした動画サイトや画像・動画が投稿できるSNSサイトなどを作るにはピッタリです。

また、会社や友人間でのファイル共有なども、OwnCloudをインストールすれば簡単に可能ですので、本当に使い勝手が良いです。

さらに、12ヶ月プラン(6,300円)以上を申し込めばドメイン費用は無料になりますが、長期で使い続けたい場合は、最大60か月プランがあり、これも業界最安値の23,490円です。

ここまで使い勝手も良く、値段の安いレンタルサーバーは中々ありません。

お申込みはこちらのホームページから可能ですが、こちらのページから申し込んでいただくと、ご利用金額の10%OFFの特典を受けることができます。

僕も1か月間期間延長が受けられますので、もし差し支えなければよろしくお願いいたします。

格安&高機能なレンタルサーバー、『Leoサーバー』。

ここまで使い勝手の良い、コストパフォーマンスに優れたレンタルサーバーがあったでしょうか。

とても使いやすく、サポートもしっかりしていますので、もし自分のサイトなどを立ち上げたい方がいらっしゃいましたら、とてもおすすめです。

もしどうしても分からないこと、不安なことがありましたら、僕のTwitterアカウント(こちら)などで質問・相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。


スポンサーリンク