LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは、管理人のKn0wsです。

前回は『MySQL不要!SQLiteを使ってWordPressを超簡単にインストールする方法』という記事を書きましたが、今回は少し違った、1つのデータベースに複数のWordPressをインストールする方法です。

手順は至って簡単です。

スポンサーリンク




手順

WordPressをダウンロードし、解凍したらFTPでサーバーへアップロードします。

URLへアクセスし、初期設定時にデータベース設定画面で、同じデータべースを設定します。

その際、『テーブル接頭辞』の部分を『wp_』から『wp_blog』や『wp_サイト名』など、お好きな名前に設定するだけです。

サイトの削除方法

通常1つのWordPressに付き1つのデータベースなのですが、今回の場合、データベースの操作が必須となっています。

お使いのレンタルサーバーからphpMyAdminへアクセスし、wp_設定した名前の部分を全て削除するだけです。

インストールに比べてアンインストールには手間がかかりますね。

デメリット

1つのデータベースに複数のサイトをインストールするということは、通常よりも多くのデータがデータベース内に格納されるということです。

それにより、複数運営しているとデータベースに負荷がかかり、同一データベースを使用しているサイトは全て影響を受けます。

SEOに関してはあまり影響は受けませんが、サイトへのアクセススピードに問題がある場合、アクセス数に問題が出てしまいます。

よって、これを利用する場合、基本的には無限にできますが、出来るだけ負荷の低いサイトを少数に抑えることが重要です。

いかがでしょうか。

便利な反面デメリットもありますので、どうしても、という時ぐらいに利用しましょう。


スポンサーリンク