LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは、管理人のKn0wsです。

LinuxやHackintoshなどで作成したインストーラーUSBや、使わなくなったHDDなどをフォーマットする際、時折フォーマットできない領域があることがあります。

特にHackintoshなどで作ったインストーラーの場合、Windowsの純正のフォーマット機能では対応できず、ディスク管理でも領域が表示されないことがあります。

そこで役立つのが、この『I-O DATA ハードディスクフォーマッタ』。

こちらを使用すれば、簡単且つ確実にUSBメモリ、HDDをフォーマットすることができます。

スポンサーリンク




使い方

USBメモリ・HDDをPCへ接続します。

I-O DATA ハードディスクフォーマッタをダウンロードしたら、起動しインストールします。今回はインストールというよりも展開という形になります。

すると、デスクトップ上に『iohddfmt231』というフォルダが作成されます。

これを開き、HDDFMT.exeを起動します。

接続しているUSB・HDDかどうかを確認し、次へ

お好きな形式にフォーマットします。

注意事項に同意し、次へ

フォーマットが終わるまで待ちます。

完了したら、完了を押してUSBメモリ・HDDを一旦抜き、再度接続します。

しっかりと認識していれば成功です。

データをしっかりフォーマットすることは、セキュリティ的にも必須です。特に、他人に貸したりあげたりする際は、しっかりとフォーマットしておかないとデータの残りから復元されてしまうこともあります。(相手が凄腕ハッカーの場合)

お手軽にできますので、一度試してみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク