LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは、管理人のKn0wsです。

WordPressを本格的にカスタマイズするには、functions.phpを弄ってこそです。

デフォルトの状態からさらに便利に、さらに見やすく使いやすくできます。

今回は、WordPressを使ったビジネスをこれから進めたい方、本格的なウェブサイトを作りたい方に、ぜひ使ってほしいコードを沢山紹介したいと思います。

以下のコードは全てfunctions.phpに追記するだけです。

スポンサーリンク




functions.phpに別ファイルのコードを読み込む

通常、functions.phpをカスタマイズしていると、どうしてもコードが多くなってしまい、管理に手間がかかります。

そこで、このincludeを使うことで、PHPコードを別ファイルから呼び出すことができます。

これにより、コメントで指定するよりも管理しやすく、綺麗に管理することができます。

今回はcustom_functions.phpというファイルを呼び出す、といった形になっています。

さらに、functions.phpを編集する際は、失敗してしまうとめんどくさいことになるのでバックアップを取る必要がありますが、これを利用すればごっちゃにならないのでとても便利です。

Code Snippetsというプラグインを使っても同じようなことができますが、複数のサイトで同じコードを使いまわしたい場合はこちらの方が良さげですね。

テキストの自動整形処理(wpautop)を停止させる

記事を書く際のHTMLコードであるpタグとbrタグを自動整形処理(wpautop)を停止させるコードです。

これにより記事を書く際、かなり使いやすくなります。

テキストウィジェットでショートコードを使えるようにする

WordPressの外観でこだわるのがウィジェット。

そこにショートコードを埋め込むことができるようになるコードです。

例えば、Contact Form 7で作成した問い合わせフォームのショートコードを、サイドバーに貼り付けることでサイドバーに問い合わせフォームを表示することができます。

これにより、さらにこだわった設定ができるようになります。

また、WordPressプラグインのPost Snippetsを組み合わせれば、自作したHTMLやPHPコードをショートコード化して呼び出し、ウィジェットに表示することができます。

このようなファインプレーが出来るのが面白いところです。

WordPress、プラグインの更新情報を非表示

WordPressサイトを複数人で運営していると、更新中に他の人が同じ更新をしてしまうことがあり、それが原因で時折サイトがダメになることがあります。(実体験)

このコードを記述すれば、サイト管理者(administrator)以外には更新情報が表示されなくなります。

二重更新などのリスク軽減には必須のコードです。特に、複数人でサイト管理をする場合は必ず記述するか、「更新は俺がするから勝手にしないでね!」と念を押しておきましょう。

コメントフォームの『ウェブサイト』項目を非表示にする

デフォルトのコメントフォームでは、『ウェブサイト』の項目が常に表示されますが、このコードを記述すれば、『ウェブサイト』の項目が非表示になります。

よくCSSを弄ってdislay: noneを使って無効化していた人を目にしましたが、それよりもこちらの方が断然簡単です。

ログイン画面のWordPressロゴを好きな画像に変える

WordPressログイン時、WordPressのロゴが表示されますが、ここに自分のサイトのロゴや好きな画像を設定することができます。

自分のサイト感が一気に出せるので、とても楽しくなります。

管理画面の投稿一覧に記事のサムネイル画像を表示させる

投稿が多くなると、「あれ、これどんな記事だったっけ」と困惑することがありますが、このコードを記述すれば、投稿一覧の右側に設定したサムネイル画像を表示することができます。

これで、「あ、こんな記事だったな」と思い出すことができますし、「あ、この記事サムネイルの設定忘れてる」と一目でわかります。

追加しておいて損はないコードです。

テーマで投稿にサムネイル画像を表示できるようにする

テーマの中には、投稿にサムネイル画像が表示できないものがあります。

サムネイル画像があることで、サイトの見た目にインパクトを付けることができ、アクセス数もアップします。

文字だけのシンプルさよりも、ちょっとしたインパクトを与えた方が面白いですよね。

テーマでサムネイル画像を有効にする場合は

と追加するだけ完了です。

ただし、このままですとサムネイル画像がそのままの状態で表示されてしまい、サイトの見た目が滅茶苦茶になります。

そこで、自分の好きなサイズに設定することで、見栄えもよくなります。

functions.phpに、

と追加します。150の数値は画像のピクセル数なので、自分のデザインに合ったピクセル数を指定してあげましょう。

original_thumb の部分は好きな名前で良いです。

falseの部分は、元画像の縦横比を維持した状態で画像を縮小しますが、trueにすることで、横長の画像では150×150の数値になるよう両端が切り取られますので、好きな方に設定しましょう。

テーマに表示する場合は、

と追加しましょう。

いかがでしょうか。

他にも沢山のコードがあり、自分なりに使いやすいサイトにしたり、依頼された場合はクライアントさんが使いやすいようにカスタマイズしたりと、好きなようにできるのがCMSであるWordPressの良い点です。

ちょっとしたことで使いやすさや見栄えに大きな差がでますので、ぜひとも使ってみましょう。


スポンサーリンク