LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは、管理人のKn0wsです。

僕はフリーランスでホームページ作成代行サービスを行っているのですが、その他にクラウドソーシングというものを利用して生活しています。(アルバイトはしていません)

これは、ネット上で仕事を依頼・受注することで、例えばウェブサイトの制作代行やアプリ開発、記事ライティングやアンケートなどの仕事を受け、こなしてOKをもらえれば報酬を得る、という形です。

今回は、スキルで稼ぐクラウドソーシングサービスを紹介したいと思います。

『ITスキルが何もないから不安』という方もいらっしゃると思いますが、ITスキル以外にもたくさんのスキルを必要とする仕事があります。

例えば、

  • 翻訳
  • 音楽
  • PR,宣伝
  • 動画・画像編集
  • ライティング
  • ネーミング
  • レビュー

などなどありますのでご安心ください。

スポンサーリンク




クラウドソーシングの大定番 『ランサーズ

こちらのサービスは、日本では最も有名なクラウドソーシングサービスです。企業や団体、個人で仕事を依頼し、それを会員が受ける、という掲示板サイトのようなものです。

日本最大級のため、仕事のジャンルや案件数はかなり豊富ですが、それ故に採用の倍率は高めです。

しかし、しっかりとしたスキルやマナー、やる気があれば稼げないわけではありませんので、よくある『誰でも稼げるネットサービス』よりも安全です。

仕事のジャンルも豊富で、『外国を学ぶ大学に通っているので翻訳が得意』という方や、『バンドをやっているので音楽作成は得意』という方も稼ぐ可能性はあります。

自分に合った案件探しができるのでおすすめです。

最も使いやすいクラウドソーシングサービス 『CrowdWorks

こちらは僕が最も利用しており、稼いでいるクラウドソーシングサービスです。構造は前述したランサーズと同じですが、使いやすさは圧倒的にこちらの方が上だと思います。

案件数もランサーズに並ぶほど多く、スマホアプリがあるため、スマホから仕事の応募、受注が可能です。

仕事のジャンルも豊富なため、自分に合ったジャンルを探すことも可能です。

いかがでしょうか。

ネットで稼ぐというのは、簡単に聞こえがちで、結局のところはそれに見合った自分のスキルが必要になってきます。

よく紹介されている『スキル不要で月100万円稼げます!』と謳ったサービスがありますが、実際にはそれは自己アフェリエイトやセルフバックをするだけで、安定して稼ぐということはできなかったり、それに見合うスキルなどが絶対的に必要になってきます。

もちろん、全てがそうというわけではありませんが、結局のところ『楽して稼ぐならスキルを向上させて負担を減らす』しかないのです。

現実でもネットでも、結局スキルとやる気がないと稼げません。しかし、スキルというのは様々で、実は絵が得意という方、小説を書くのが好きという方、作曲が得意という方も、それで稼ぐ可能性があるのがクラウドソーシングの良いところです。

最初は地味で地道な作業で、案件に対して手当たり次第積極的に応募し、プロフィールやポートフォリオ、サンプルなどを充実させるしかありません。

しかし、細かなところから下積みしていけば、必ず成功します。時間があるときにでも、試してみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク